テニスラケット試打 インプレ感想

[テニスラケット試打 インプレ感想]

■WILSON PROSTAFF SIX ONE 90 インプレ試打・評価・感想


ロジャー・フェデラー 使用テニスラケット。ウィルソン

WILSON PROSTAFF SIX ONE 90  (ウィルソン プロスタッフ シックス ワン 90)

2012モデル

WILSON PROSTAFF SIX ONE TOUR 90 US SPEC(ウィルソン プロスタッフ シックス ワン ツアー 90 US スペック)

Wilson Six One 90 Tour BLX 90 (ウィルソン シックスワン90 ツアー BLX 90)

WILSON SIX ONE TOUR BLX 90 (ウィルソン シックス ワン ツアー BLX 90)

 

※これら評価は、主にバボラ ピュアドライブのテニスラケットを基準値にして比較しています。

↓現在ロジャー・フェデラーが使用しているラケットはこちら。フェイス面を90→97にアップしている。

 

 

=====================================================================================

今回の試打テニスラケット。

WILSON PROSTAFF SIX ONE 90 US SPEC(ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90 US スペック)

 

フェイスサイズ:90

重量:340g (USスペック)  (JPスペックは319g

フレーム厚:17mm

バランス:305g (トップライト) (JPスペックは315g

レングス:27インチ

グリップサイズ:G2・G3・G4

WILSON PROSTAFF SIX ONE TOUR 90 US SPEC(ウィルソン プロスタッフ シックス ワン ツアー 90 US スペック)

Wilson Six One 90 Tour BLX 90 (ウィルソン シックスワン90 ツアー BLX 90)WILSON SIX ONE TOUR BLX 90 (ウィルソン シックス ワン ツアー BLX 90)
[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

 

 

ピュアドライブが、中が空洞のパイプを振っているとしたら

PROSTAFF SIX ONE 90は、中が詰まった木製バッド、鉛を振っているかのような剛性テニスラケット。

自宅に強盗が押し入り、ゴルフのクラブと、このPROSTAFF SIX ONE90どちらで応戦するかといえばPROSTAFF SIX ONE90・・・。

 

フェイス面が90と小さく、フレーム厚は17mmと薄い。

そして重量が重い(US 340g、JP 319g)。

鉄アレイ

 

 

 

 

このテニスラケットの性能特徴はコントロールの良さ。

ラケットの重い重量により、ボールに打ち負ける事が無く、面ブレが少ない。

 

 

 

 

重量は重いが、ラケット先端の軽い「トップライトバランス」なので振り抜きは重量ほど重くない。

振り抜きでは「トップイーブン」や「トップヘビー」で先端の重い他のテニスラケットのほうが

ラケットに引っ張られるような感覚で」重く感じる。

 

しかし、振り出しに関しては力が必要でものすごく重く、スイングスピードが出るまでに時間が掛かる。

特に詰まった時にラケットを「パッ」と出そうとしても、重さがネックになってそう簡単にはラケットが出ない。

ラケットをかなり短く持ち、小さいスイングをする人にとってはマイナスとなるだろう。

 

適しているのは大きな円を描くスイングで、ラケットの起動時間が長い人に向いている。

詰まった時にラケットがある程度軌道しているのならば、そのまま加速させる事によりラケットを出せる。

 

 

 

 

 

フェイスサイズ90インチ、フレーム厚17mm。

この体積を取らないラケット設計は、空気抵抗が少ない。

 

特に、ラケットの上下軌道の振り抜きに関しては、

ピュアドライブが「団扇で風を仰ぐ」としたら、PROSTAFF SIX ONE 90は「刀で風を斬る」という言葉が相応しいだろう。

一度ラケットが加速すれば、その空気抵抗の少ない性質から勢いが減少せずに高速で振り抜ける。

 

WILSON SIX ONE TOUR BLX 90 (ウィルソン シックス ワン ツアー BLX 90)
[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

[ウィルソン シックスワン90 ツアー BLX 90 (Wilson Six One 90 Tour BLX 90)]

 

 

スライスでのラケットを上から下に振り下ろす動作では

ラケットの重量がスイングスピードを加速させ、ボールに当たってからも重力により下に押し付ける動力が強く働くので

スライスの回転速度が増す。

ボールに追い込まれた時は、振らなくとも「スッ」とラケットを差出し、当てるだけで相手のコートへ返球出来る。

 

 

ちなみに、フレームが四角形で尖っていない為に、フレームショットでも、前方にゆる〜いボールが飛ぶ。

(ピュアドライブは尖っているので、大抵はボールが真下に「ポトリ・・・」と落ちる。)

 

 

WILSON SIX ONE TOUR BLX 90 (ウィルソン シックス ワン ツアー BLX 90) ロジャー・フェデラー
[フェデラー ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

 

 

ラケットがボールに当たった時のパワーロスの少なさ。

フェイスサイズ90とフレーム厚17mmによる振り抜きの良さ。

しかし、これはラケットがスイング軌道していればの話。

 

使用していれば、当然重い

夏場の猛暑で疲労が激しい時は、振り疲れるので、どうしても軽いテニスラケットを使ってしまう。

「USスペック」と「JPスペック」では、フェデラーが使っているのはUSスペック。

しかし、このフレーム厚17mmと、フェイス面90インチといった時点で独特の性能を持つラケットは

「JPスペック」でも特性が十分にある。

 

 

 

 

 

[ウィルソン シックス ワン ツアー BLX 90 (WILSON SIX ONE TOUR BLX 90)]
[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

PROSTAFF SIX ONE 90を使っていると、他のテニスラケットとはちょっと次元の違うラケットといった気がする。

 

一番目を引いたショットは、相手がそれなりに強打したスピードのある低い弾道のショットに対して

ラケットをたいして振ってもいないのに、同じくらい勢い・スピードのあるショットが当てるだけでリターンできる事だった。

相手がどんだけ重いショットを打っても、PROSTAFF SIX ONE 90を使っている限り、ボールの重さはさほど影響しないようだ。

 

振出には力がいるけど、ラケットがあるていど動いていれば

腕に力を入れてラケットを振っていなくても、良いボールが返ってくれる。

ボールをラケットを力で振って飛ばすのではなく

ボールはラケットが動いてタイミングさえ合えば、飛んでいく感じだった。

 

 

ボールがラケットに当たった時、他の一般的なテニスラケットだと+手の力で打ち出す必要があるけど

PROSTAFF SIX ONE 90はラケットの重みで、ボールが自然に押し出されていく

中でも、スライスの切れ方は絶品だと思った。

ラケットの重さが効果し、最後まで強いラケットの押し出しがボールを回してくれる。

バウンド後にボールが減速するだけでなく、右利きで打ったなら左にもスッとボールがハッキリ流れていくので

相手はタイミング合わせるのが苦しそうだった。

 

 

ただ・・、どうやってこのラケットを速くスイング出来るのか!?

私には難しかった。

腕に力が入りすぎると、ラケットがゆっくり動いてしまうし。

この重いラケットをどうやって効率よく振れば、早いスイングで打ち続けられるのだろうか・・

それは、しばらく使い続けて習得できるんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、テニス肘やテニス肩、手首を故障している人には

・ボールがフレームに当たった時に伝わる振動の大きさ

・無理に力を入れて振ろうとしても、重すぎてラケットが追いつかない為の靭帯への負荷により、悪化しやすい。

 

 

 

プロ選手でもロジャー・フェデラーへの憧れから、このテニスラケットを使用している人は多い。

 

しかし、この重量のあるテニスラケットを、しっかりとしたスイングスピードで振れない人にとっては

その重鈍(重く鈍い)ラケット剛性が、あまりにもありすぎて、ボールを打っている感覚が少ない。

 

勝敗よりも、テニスを趣味として楽しんでいる人は、「ボールを打つ爽快感」も楽しみの一つだ。

この「PROSTAFF SIX ONE 90」は、あまりそれが感じられない。

USスペック 340gともなると、手ごたえが鈍く、打った気がしない。

 

 

 

コアテックシステムを採用しているピュアドライブと比べても、PROSTAFF SIX ONE 90は一言で鈍い。

「ボール打った気しないけど、コントロールの良いボール飛んでったな・・・けどなんか・・つまんないなぁ・・・」と感じてしまう。

ピュアドライブ PURE DRIVE

 

 

 

中上級者〜上級者の競技志向の方には、良いけど

休日の楽しみ重視の人には、テニスの快感が半減するかも。

 

 

一般プレーヤーが使うには、「USスペック」は半分、自己満足が加わったテニスラケットとして、楽むラケットにもなるだろう。

ただ、それでも使いたいと思わせるのがロジャー・フェデラーの魅力。

WILSON PROSTAFF SIX ONE TOUR 90 US SPEC(ウィルソン プロスタッフ シックス ワン ツアー 90 US スペック)

 

WILSON PROSTAFF SIX ONE 90 (ウィルソン プロスタッフ シックス ワン 90)

WILSON PROSTAFF SIX ONE 90 (ウィルソン プロスタッフ シックス ワン 90)

 

WILSON PROSTAFF SIX ONE 90 (ウィルソン プロスタッフ シックス ワン 90)

 

--------------------------------------------------------------

PROSTAFF SIX ONE 90を探してみる。

ウィルソン テニスラケット一覧

検索条件に下記を入力すると、詳細が表示されます。

PROSTAFF SIX ONE 90

--------------------------------------------------------------

[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

 

[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

 

 

【詳細ラケット一覧 表示】

バボラ テニスラケット一覧

ウィルソン テニスラケット一覧

ダンロップ テニスラケット一覧

ヨネックス テニスラケット一覧

ヘッド テニスラケット一覧

プリンス テニスラケット一覧

 

全 テニスラケット一覧

全 テニス商品 一覧

 

[ウィルソン プロスタッフ シックス ワン  90  (WILSON PROSTAFF SIX ONE 90)]

 

 

 

=====================================================================================

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

[テニスラケット試打 インプレ 種類の比較特集]